情事の終り

情事の終り

Add: zizabeb61 - Date: 2020-12-06 07:45:21 - Views: 991 - Clicks: 8817

23 イギリスの作家グレアム・グリーンは、特に人と信仰の根本を問いかけるようなテーマの作品が多く、評論や詩集、戯曲、絵本など多彩なジャンルの作品を残しました。. 情事の終り(1954)の映画情報。評価レビュー 1件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:デボラ・カー 他。 グレアム・グリーンの同名小説を映画化。作家と人妻が恋に落ちたが、ある逢い引きの夜、家がドイツ軍の空襲を受けて彼は気絶する。. 。. この小説にはテーマが二つある。一つは愛、もう一つは宗教だ。 サラはベンドリックスを愛している。 その愛は今まで体験したことのないもので、二度と体験することはないだろうと彼女はベンドリックスに告げる。 ベンドリックスもサラを愛しているが、彼女の愛を信じることができない。 なぜなら、サラは既婚者なのだ。情事が終われば帰る場所がある。 そしてサラと初めて会った時、ベンドリックスはサラが別の男性(夫のヘンリーではない)にキスしていたのを目撃した、ような気がする。実際に目撃したわけではないのだが、ドアが開いた瞬間に二人が気まずそうにパッと離れるのを目撃したのである。 サラにはおそらく前科がある。自分は初めての不倫相手でもなく、最後の相手でもないのではないか? 愛しているが故に、サラの発言すべての揚げ足をとって、彼女の真意を疑ってしまう。 実際になぜサラが離れていったのか、彼女の愛は誰のものだったのかという答えは、彼女の日記を通して描かれる。 この答えというか考え方、モチーフは現代の恋愛小説・ドラマ・映画にもよく使われるものである。『情事の終り』という小説の影響力を計り知る事ができる。 そして、宗教。 グレアム・グリーン自身はカトリック教徒の女性と結婚するため、大人になってからカトリックに改宗している*1。 この結婚はうまくいかず、グリーンは離婚を要望するがカトリックなので離婚が出来ない。 グリーンはその後、既婚者でありながらアメリカ人女性と出会い彼女を真剣に愛するようになる。 その、ほぼ自伝とも言える内容を小説にまとめたものが『情事の終り』なのだ*2。 神の赦しは本当にあるのか? 罪を償うことはできるのか? カトリック信仰に苦しめられた立場のグリーンが、宗教についての思いを綴った物語である。. イギリスの. グレアム・グリーン(田中西二郎訳)『情事の終り』(新潮文庫)を読みました。 「情事」という言葉からは、ぼくは2つの印象を受けます。それが束の間のものであること、そして、なにかしらの禁忌(タブー)を犯しているものであること。. 23 作成:. 1946年1月。 土砂降りの雨の中を歩く作家モーリス・ベンドリックスは、かつての知人ヘンリー・マイルズを見かけて声を掛ける。 打ちひしがれた様子のヘンリーは、ベンドリックスに「ここ最近妻・サラの様子がおかしい。浮気しているに違いない」と告げる。 ベンドリックスは、以前ヘンリーの妻であるサラと不倫関係にあった。 しかし1年半前に急に彼女に別れを告げられて以来、彼女には会っていない。 そうまで言っていた彼女が、急に冷たくなりベンドリックスには見向きもしなくなったのだ。 なぜ彼女は自分を捨てたのか? 今彼女が不倫しているなら、その相手と出会ったから自分は捨てられたのだろうか? 確かに、不倫関係が抜き差しならなくなってからは、美しいサラには自分の他にも恋人がいるのではないかと終始疑い、彼女に喧嘩をふっかけてばかりいた。 とっくの昔に別れた愛人に対する嫉妬が湧き上がる。 ベンドリックスはヘンリーを助けることを装って探偵を雇い、かつての愛人であるサラの監視を始めるのだが.

世界大百科事典 第2版 - 《情事の終り》の用語解説 - この後《ここは戦場だ》(1934),《英国が私をつくった》(1935)のような本格的な小説や,もっとスリラー性の濃い,グリーン自身が〈娯楽物〉と名づける《スタンブール特急》(1932),《拳銃売ります》(1936),《密使》(1939),《恐怖省》(1943). 情事の終り - グレアム・グリーン/〔著〕 上岡伸雄/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 第二次世界大戦 直後の ロンドン を舞台とし、作家モーリス・ベンドリクス、サラ・マイルズ、そしてサラの夫である公務員ヘンリー・マイルの三角関係を中心に、強迫観念、嫉妬と疑惑、信仰の問題を扱う。. 情事の終わり - 碧野圭 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. ショッピング!737円~ご購入可能です。最安値情報や製品レビューと口コミ、評判をご. 映画 情事の終わり () 監督:トム・ヘーネキャスト:マナ・デパウ. 「情事の終り」の解説、あらすじ、評点、1件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - 「落ちた偶像」のグレアム・グリーンの同名小説の映画化で、「折れた槍」のエドワード・ドミトリクが監督した1955年作品である。脚色は「突然の恐怖」のレノア. 新品で購入後、一読して保管しておりました。 良好な状態だと思います。 「情事の終り」 グレアム・グリーン / 上岡伸雄 定価: ¥ 737 グレアム・グリーン 上岡伸雄 本 book 文庫 文学 小説 「私」は妬心を秘め、別れた人妻サラを探偵に監視させる。.

Amazonでグレアム グリーン, Greene, Graham, 伸雄, 上岡の情事の終り (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。グレアム グリーン, Greene, Graham, 伸雄, 上岡作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 『 情事の終り 』(じょうじのおわり、原題: The End of the Affair )は、イギリスの作家 グレアム・グリーン による 1951年 の小説。. The end of the affair. 冒頭で江國香織のエッセイについて書いたが、江國さんは『情事の終り』が非常にお好きなようで、自身の小説『東京タワー』にも登場させている。 大学生の透と、年上の人妻・詩史との恋愛物語だ。 好きな人のことが何でも知りたい透は、もちろんそれを読んでみる。 『東京タワー』を読んで、『情事の終り』が読みたくなったという人もたくさんいるのではないだろうか。 魅力的な登場の仕方である。 また、『落下する夕方』の主人公は、「自分を捨てた恋人の新しい女と同棲する」女である。ふたりの女は、共通項である男のことを他人事のように話し合う。 『情事の終り』のベンドリックスとヘンリーを彷彿とさせるエピソードだ。 三島由紀夫の『美徳のよろめき』もまた、『情事の終り』と似た感じの小説である。 この愛してはいけない人を愛するというテーマは日本人が好き・得意とするものなのかもしれない。 それではみなさま、今日もhappy reading! Follow 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存保存保存保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存. 『情事の終り (新潮文庫)』(グレアム・グリーン) のみんなのレビュー・感想ページです(27レビュー)。.

『 ことの終わり 』(ことのおわり、原題: The End of the Affair )は、 1999年 制作のイギリス・アメリカ合作映画。 グレアム・グリーン の小説『 情事の終り 』の映画化作品で、この小説はグリーンの実体験に基づいている。1. グレアム グリーン『情事の終り』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約167件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 13に行っったグレアム・グリーン『情事の終り』読書会のもようです。メルマガ読者さんの感想文はこちら 『あとから通る人のために』 信じさせてください。. <情事の終わり( Welcome Home ・ベルギー・ )> ★★★☆ 映画を見に行ってコロナに感染したという話はまだ聞いたこはありませんが、席を離したり、座席を消毒したりで、3密防止対策実施中でうっかり咳も出来ないなんていう映画館へ行く気になれず、相変わらず家庭内鑑賞で我慢し. More 情事の終り images. 「20世紀文学最大の恋愛小説」と言われるグレアム・グリーンの長編『情事の終わり』である。 主な登場人物は3人。 ・ベンドリクス 物語の語り手。小説家。人妻であるサラと一年半前まで不倫関係にあった。独身。 ・サラ. 代表作『情事の終り』など 更新:.

「情事の終り」 グレアム・グリーン(イギリス人)著 原題「The End Of The Affair」 田中西二郎訳 新潮文庫 戦前に書かれた作品で、戦後の1951年イギリス版で初版。20世紀の恋愛文学のなかで最高傑作といわれるもの。. 情事の終り のキャスト、スタッフ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。. ここでふと、江國香織のエッセイを思い出す。 アメリカ人の男友達との思い出を綴ったエッセイだ。 手元にこの本がないので、覚えている範囲で書いてみる。 英語では、「浮気」は"cheating"、"fling"、"flirt(こちらは肉体関係なし、軽くいちゃつく程度)"で「不倫」は"affair"だろうか。 もちろん"affair"は日本でいう「浮気」の場合も使用されるので、「私」が「それは違う」と感じるのも分かるような、分からないような。 ここでの"affair"はフランス語では"aventure(アバンチュール)"、スペイン語では"aventura(アベンチューラ)"だが、そういうフランス語やスペイン語のような語感を「私」は求めていたのだろうか?.

情事の終り (新潮文庫)ならYahoo! ジャーナリストなどを経て、1929年処女長篇となる『内なる私』を発表。1 1940年、政治権力と宗教の対立を描いた『権力と栄光』で作家としての地位を築く。1 1951年に発表された『情事の終り』は彼の名声を全世界的なものとした。. 「情事の終り」にも「玉ねぎ」が出てきます。ここから借用したのでしょうか。 最後に、この作品の文章について言うと、実は少し読みにくいのです。 というのも、時間があちこちに飛ぶからです。 現在は1949年。. 情事の終り 情事の終りの概要 ナビゲーションに移動検索に移動ポータル 文学イギリスの聖職者たちとの間でスキャンダルを巻き起こしたグリーンの親友の妻であるレディ・キャサリン・ウォルストン(1916年 - 1978年)との1. 邦題からは"情事こそ、この映画"のようだけど、情事はなかなか始まらない。実は過去に有ったことらしい。"終わり"では無く"終わっていた"? いや、情事など有ったのだろうか? この映画は、何かがあった時、それが心に残ってしまうことを描きたいようだ。. デジタル大辞泉プラス - 情事の終りの用語解説 - 英国の作家グレアム・グリーンの長編小説(1951)。原題《The End of the Affair》。『愛の終り』の邦題もある。. 情事の終り 『情事の終り』(じょうじのおわり、原題:The End 情事の終り of the Affair)は、イギリスの作家グレアム・グリーンによる1951年の小説。第二次世界大戦直後. More 情事の終り videos.

See full list on tokyobookgirl. 情事の終り - グレアム・グリーン - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. グレアム・グリーン著 ; 田中西二郎訳 (新潮文庫, 赤-110-A, クー6-1) 新潮社, 1968.

私たちの愛が尽きたとき、残ったのはあなただけでした。 彼にも私にも、そうでした―。中年の作家ベンドリクスと高級官吏の妻サラァの激しい恋が、始めと終りのある“情事”へと変貌したとき、“あなた”は出現した。. 『情事の終り (新潮文庫)』(グレアム・グリーン) のみんなのレビュー・感想ページです(23レビュー)。作品紹介・あらすじ:人妻サラとの道ならぬ恋から1年半。なぜ彼女は去っていったのか――捨てきれぬ情と憎しみとの狭間で煩悶する作家ベンドリックスは、その雨の夜、サラの夫ヘンリーと.

情事の終り

email: poxokac@gmail.com - phone:(599) 232-7295 x 1496

エドワード・ファーロングの バンク・ジョブ/凶弾殺人 - 修羅がゆく 首都血戦

-> モーツァルトとクジラ
-> 復讐の女神

情事の終り - すずしげ りょうふう


Sitemap 1

アジアパック 2 - 浅見光彦シリーズ 内田康夫サスペンス